北海道小樽市松ヶ枝のかかりつけ・薬局・健康・調剤 松ヶ枝堂薬局

北海道小樽市松ヶ枝のかかりつけ・薬局・健康・調剤 松ヶ枝堂薬局

〒047-0022 北海道小樽市松ヶ枝1丁目18番7号
TEL 0134-33-0322
▲Mobile Site 
トップページ»  かぼちゃ新聞 No.123

かぼちゃ新聞 No.123

2020年 8月号

今年のお盆は特別なお盆でした。子ども達の夏休み~これも特別な夏休みでした。
コロナ禍のおかげで自由な移動が制限され、故郷への帰省や旅行が思うようにいかなかったという方々がたくさんいらっしゃいました。
いつまで続くかこの状況!テレワーク、オンライン、ロックダウン、パンデミックなど~などの言葉が消えていくのはいつのことでしょうか。
 
脱水とむくみ
夏は脱水とむくみの季節です。暑いからと言って水分をとりすぎるとむくみが生じますし、
水分を摂らないと脱水になります。体内の水分を調整しているのは腎臓での尿量や汗などですが、
その水分を運んでいるのがアルブミンというたんぱく質、体内水分の調節のおおもとと言っても過言ではありません。
このアルブミンは肝臓でのみつくられるたんぱく質です。
そしてアルブミンは肉、魚、牛乳、卵、大豆類などのたんぱく質がアミノ酸として吸収され、
肝臓でアルブミンに再合成されます。アルブミンが不足することで余分な水分が回収できずにむくみが生じます。
また脱水時にも血液中の水分を維持するのがアルブミンですから、アルブミンがしっかりある方の方が脱水を起こしにくいのです。
夏はたんぱく質不足の季節でもありますので意識してとるようにしましょう。当店のコンクレバンは最適のものと言えるでしょう~。

<今月の絵はがき>

巣ごもり生活、閉塞の時代を自分の努力で、お互いの努力で打開していきましょう。思いをつないで~。

 

かんたんCooking

こんがり焼いたみそと青じそで香り豊かに

冷や汁そうめん

<材料2人分>

・みそ 大1
・きゅうり 1/3本
・みょうが 1個
・そうめん 2束
・だし汁 1と1/2C(300ml)
・木綿豆腐 1/6丁
・さけフレーク 大4
・いりごま・すりごま 各大1
・青じそ(千切り) 2枚分



◆つくり方

①みそをアルミホイルにのばして、トースターで5分ほど焼く。

②きゅうり、みょうがは薄い輪切り。

③そうめんは表示通りにゆでる。流水であらい、水を切って器に盛る。

④ボウルに①、だし汁を入れてよく混ぜあわせる。手で崩した豆腐、②、ごまを加えて塩で味をととのえる。

⑤器に④を盛りつけ、青じそをちらす。

 

知ってお得~情報

心から旅を楽しめないこの夏。
東京を離れて静養してもいいものかどうか~皇室の方々も迷われていると聞いています。
上皇ご夫妻や常陸宮ご夫妻、三笠宮百合子さまは例年、那須や軽井沢などでゆっくり静養される。ただ、みな傘寿を迎えている方々が今年は避暑よりもウイルスの感染予防を優先されているようです。
昨夏、悠仁さまは初の海外旅行でご両親とブータンを訪問されている。若い皇族方が見聞を広めるこうした旅もこの夏は難しいですネ。
Go Toトラベルキャンぺーンもいまいち伸びず~の状況です。