北海道小樽市松ヶ枝のかかりつけ・薬局・健康・調剤 松ヶ枝堂薬局

小樽市松ヶ枝のかかりつけ・薬局・健康・調剤 松ヶ枝堂薬局

〒047-0022 北海道小樽市松ヶ枝1丁目18番7号
TEL 0134-33-0322
▲Mobile Site 
トップページ»  かぼちゃ新聞 No.130

かぼちゃ新聞 No.130

2021年 3月号

3月はいろんなことがありますネ。
10年前の3月11日14時26分、東日本大震災。あらゆるものを飲みこんだ巨大な津波…あの時、皆さんは何をしていましたか?あの大きな揺れはこの小樽でも感じました。私は孫にお昼寝をさせようとのんきに市内をドライブしていました。10年たった今も復興半ばですが、悪意の塊だったと表現する人もいます。自然の恐ろしさをかんじます。
 
虚血とは
よく耳にすることばですが、虚血とはいったいどんなことでしょうか~。
虚血とは局所の貧血のことで、局所性貧血と呼ばれます。虚血状態の代表的なものは心筋梗塞脳梗塞ですが、自覚症状の乏しい軽度の慢性的な虚血状態がさまざまな病気の原因となり問題となっています。虚血状態が長引くと酸素の供給や栄養の供給が滞るため、細胞の変性萎縮線維化が生じ、さまざまな病気の原因となります。心臓から拍出される毎分約5900mlの血液は、脳に750ml 、肝臓に1450ml、腎臓に1200ml、筋肉に1000ml、門脈に 1100ml 、皮膚に350mlなどのように分配されていますが、これをみると臓器や器官がいかに血液を必要としているかが分かります。虚血状態が慢性化すると臓器や器官の機能が低調になり老廃物の蓄積が生じます。これによって心筋梗塞や狭心症、脳梗塞や脳出血などをはじめとしたさまざまなリスクが増えることはもちろんですが、老化の促進、肝機能障害、腎不全、免疫力の低下、自律神経の失調、がんなどの原因となります。

<今月の絵はがき>

3月というと自分の進路の選抜を迫られる時期ですね。
私は私なりの一歩をふみ出しますよ~そんな声がきこえてきます。

 

かんたんCooking

<むね肉とセロリの和え物>

材料<2人分>

・とりむね肉 100g
・パプリカ(黄) 1/3個(50g)
 
小1/3
小1
セロリ 1/2本(30g)
セロリの葉 (少々)
 
昆布茶 小1/2
ゴマ油 大1/2
小1
少々



◆つくり方

とり肉をレンジで加熱する
とり肉は水気を切って耐熱皿に入れ、フォークなどで全体を刺し、Ⓐを振って軽くもむ、ラップをかけてレンジで2分30秒加熱、
粗熱をとる。

野菜類を用意
セロリは約4cmの細切り、葉は包みます。パプリカは長さを半分に切って細切り。

和える
①の蒸し汁をボウルに入れⒷを混ぜます、食べやすく裂いたとり肉と②を和える。

 

知ってお得~情報

<手のひらに汗をかくのですが~?>
汗腺にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類があります。エクリン汗腺は全身にまんべんなくあり、いわゆる一般的な汗を分泌する汗腺です。一方、アポクリン汗腺は、全身の中でも毛の多い場所に集中して存在しています。脇の下、外陰部、肛門周辺、耳の穴などです。手の平の汗腺はエクリン汗腺ですが、精神的な物に左右されることが多いのが特徴です。特にストレスや緊張したりすることで自律神経の中の交感神経が活発に働いた時に手の平や足の裏に汗をかくことが多いです。また、肥満やホルモンバランスの乱れ、生活習慣の乱れでも引きおこされます。まずは自分自身でこれらの原因に心あたりがないか考えてみるといいでしょう。